恵みの雨

キリストと共に生かされた恵み

2:4 しかし、あわれみ豊かな神は、私たちを愛してくださったその大きな愛のゆえに、

 2:5 罪過の中に死んでいたこの私たちをキリストとともに生かし、――あなたがたが救われたのは、ただ恵みによるのです。――

 2:6 キリスト・イエスにおいて、ともによみがえらせ、ともに天の所にすわらせてくださいました。

 2:7 それは、あとに来る世々において、このすぐれて豊かな御恵みを、キリスト・イエスにおいて私たちに賜わる慈愛によって明らかにお示しになるためでした

2:8 あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。

 2:9 行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。

 2:10 私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。

 

 

のぞみ教会・主日礼拝(2020年7月26日) 説教者:李鍾賢牧師

エペソ2:4-10 キリストと共に生かされた恵み

2:4 しかし、あわれみ豊かな神は、私たちを愛してくださったその大きな愛のゆえに、

 2:5 罪過の中に死んでいたこの私たちをキリストとともに生かし、――あなたがたが救われたのは、ただ恵みによるのです。――

 2:6 キリスト・イエスにおいて、ともによみがえらせ、ともに天の所にすわらせてくださいました。

 2:7 それは、あとに来る世々において、このすぐれて豊かな御恵みを、キリスト・イエスにおいて私たちに賜わる慈愛によって明らかにお示しになるためでした

2:8 あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。

 2:9 行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。

 2:10 私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。

 

罪人の姿を、神の怒りの下にあるものとして描いた使徒パウロは、それがすべてではなく、神の愛の対象でもあることを示します。

そして自分の犯した罪過と「罪とによって霊的に死んでいたところから、

神がキリストと共に生かしてくださったという事を語るのです。

それが神の憐みであり、愛であり、恵みであると語っています。

 

自分の罪過と罪との中に死んでいた者であった人々をキリストと共に生かしてくださったのは、1:9-20のところで、信じる者たちの内に働くその神の驚くべき力とは、キリストを死人の中から蘇らせた神の御業です。

 

ですから信じる私たちをキリスト・イエスにあって、共に甦らせてくださったわけです。

自分の罪過と罪との中に死んでいた者であった私たちが、霊的に生かされたのは、信仰によってですが、そのことをここでは、キリスト・イエスにあってという言い方で表しております。

この言葉は、使徒パウロの手紙の中に繰り返し出てきます。

 

この言葉は何よりもまずイエス・キリストの霊的一体性を言い表わしております。

聖書では第一のアダムにあって、すべての人は一体であると教えています。そのことは、すべての人が生まれながらにして罪人であるという事を意味しています。

 

しかし同時に第二のアダムであるイエス・キリストを信じる人々は、イエス・キリストと一体だと教えています。

つまり、イエス・キリストにあるすべての霊的祝福を頂くことが出来るという事です。

アダムにあるという事は、すべての人にとって生まれながらの事です。

 

キリストにあるという事は信仰によらなければなりません。

そこで聖書は、いくつかの例を挙げて、キリストと信じる者たちとの関係を説明しています。

 

その一つは、葡萄の幹と枝という関係です。

この関係は、キリストから命が注ぎ込まれていることを表わしています。

 

さらにキリストと教会を新郎と新婦として教える例えからも、ふたりは一体であると教えられます。

このように、キリスト・イエスにあるとは、信仰によるキリストとの一体性を意味し、それゆえに、キリストのあらゆる祝福に与ることが出来るわけです。

 

それではキリストのあらゆる祝福とはどういうものでしょうか。

それはキリストにある命です。

1ヨハネ 5:11 そのあかしとは、神が私たちに永遠のいのちを与えられたということ、そしてこのいのちが御子のうちにあるということです。

 5:12 御子を持つ者はいのちを持っており、神の御子を持たない者はいのちを持っていません。

 5:13 私が神の御子の名を信じているあなたがたに対してこれらのことを書いたのは、あなたがたが永遠のいのちを持っていることを、あなたがたによくわからせるためです。

 

これは、霊的死および神の怒りの下にはもはやいない事を意味します。律法に対して自由にされているという事を意味します。

死んだ者であるという事から自由にされているという事を意味します。

 

しかし、さらに積極的には、キリストの命にあずかることが出来、そのことによってキリストに似る者となることが出来るという事を意味します。

そして新しい命にあって歩くことが出来ることです。

新しい知性、新しい意志をもって歩くことが出来ます。

また新しい心を持つことが出来るのです。

 

使徒パウロが「ここであなた方が救われたのは、恵みによるものであると述べられます。

ここで救われたと言われている言葉は、神の救いの御業が私たちの内になされて、その結果、今救われているという状態を表わしています。

 

キリストと共に天の御座に着かせていただいたという事は、何よりもキリストと共にすべてのものを支配するという事を意味します。

 

へブル10:12-13は次のように記しています。

10:12 しかし、キリストは、罪のために一つの永遠のいけにえをささげて後、神の右の座に着き、

10:13 それからは、その敵がご自分の足台となるのを待っておられるのです。

 

座に着くとは、完成のしるしがあり、休まれる事を意味します。

私たちもキリストにあるものとして、キリストと共にこの天の座に着くことを許されています。

 

キリストは私たちのために永遠のつぐないを成し遂げてくださいました。

そして神は、天のところへ私たちを招いてくださいました。

ですから、キリストにあって私たちはいま、安全であり、安全な者とされたのです。

私たちはその素晴らしい勝利を本当に喜び味わって生きるべきです。

 

私たちをこのように死から命へ、悪魔の支配下から聖霊の支配下に入れてくださったのは、神の恵みの栄光を表わすためにほか説明出来ません。

使徒パウロは、それをこの素晴らしい豊かな恵みを、キリスト・イエスにあって私たちに下さった素晴らしい神の愛を、来るべきのちの時代において、示すためであると述べています。

 

神の驚くべき恵みは、世の終わりまでは、教会を通して表わされています。またそれをこの世に示していくのは、教会の責任であり、使命です。

そればかりでなく、何よりもまず第一に、それは教会の大きな特権なのです。

キリストと共に生かされ、今天の御座にキリストと共に着くことを許されている者たちの特権です。

 

 

恵による救い2:8-10

 2:8 あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。

 2:9 行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。

 2:10 私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。

 

救いのメッセージは福音であり、その内容はキリストの十字架上の贖いですが、その性格は神の恵みです。

まり、私たちが救われたのは、神の恵みによることです。

その以外は何もありません。

 

使徒パウロは、自分が救われた時の事をよく知っていました。

タソルのサウロと呼ばれた彼は、ユダヤ教の律法学者として、キリスト教の教会を迫害していました。

そのキリストに敵対していた者なのに、神は捨てず、霊的に死んでいた状態から、キリストと共に生かして下さり、悪魔の支配下から聖霊の支配下に入れてくださったのです。

 

私たちが今このようにして罪と悪魔のもとから解放してくださったのは、神の恵みです。

ですから、神の恵みによって救われたことを、使徒パウロは「あなた方が救われたのは、恵みによるのであり、それは信仰を持って受けたからである」と説明しています。

 

救いの源は、けっして私たちの側にはありません。

私たちの信仰にもありません。 救いの源は神様にあります。

つまり、神様の恵みによってのみです。

 

罪の中に霊的に死んでいた私たちに命を与え、愛してくださったのは神様ご自身でありました。

ですから、私たちの誇るべきものは何一つありません。

このようにして、神の驚くべき救いの御業が私たちの身の上に成就しました。

 

使徒パウロは何と言っているのでしょうか。

「私たちは神の作品」であると言っています。

私たちは神によって造られた者たちです。

つまり、私たちが今クリスチャンになったのは、神の御手によってそうされたと言うのです。

 

私たちの業ではなく、神の御業によって、キリスト者にされたのです。

私たちが何か一所懸命に努力した結果、キリスト者になったのではありません。

私たちが何かを決心からではなく、私たちが立派な事をしたからではなく、キリスト者となったのではありません。

 

また私たちがキリストを選んだからではなく、キリスト者になろうと思ってなれたのではありません。

神が私たちを選んでくださり、神が私たちを造り変えて、神がキリスト者にしてくださいました。

 

これはただ単なる使徒パウロの考えではなく、神がそう言われたのです。

私たちがキリストに従うことを決心したからキリスト者とされたのではなく、

神が私たちをキリスト者としてくださったので、キリストに従う決心が出来たのです。

 

キリスト者はキリストを信じる事によって神が新しい被造物として創り直してくださった者たちです。

ですから、この新被造物は、良い業を行なうはずです。

 

神様はこのような者として、私たちを新しく造ってくださいました。

私たちが神によって救われたのは、神の御業によるのです。

 

その信仰すら神が賜物として与えてくださいました。

これが、行いによるのではなく、 神がキリスト・イエスの十字架によって、私たちを救って下さったという事です。

それこそ恵みほかありません。私たちはただ神をほめたたえ、神に感謝するべきです。

 

2020/07/26 主日メッセージ   nozomich
≪ 私たちの希望     神様の家 ≫